fbpx

Dirty Gym in Milan

マルチスポーツジムを再現したインテリアがトレードマークのDirty Gym Pizzeriaでは、試行錯誤の末にたどり着いたグルメピッツァが迎えてくれる。店内でひときわ目を引くのは、目の前でピッツァを作っているピッツァイオーロと会話しながらピッツァを楽しめるカウンターと、ボクシング他のスポーツのチャンピオンの写真が壁を埋め尽くした、スポーツをテーマとした2つのホールである。ピッツァは、縁のある円形の容器に鎮座して提供される。生地にはビガ種を用い、その熟成時間は最長90時間。クラシックなマルゲリータとマリナーラ以外に、例えばブッラータや新鮮なマグロの刺身、バジリコのペースト、唐辛子のキャビア、DOPハムなどが、他ではお目にかかれないこのピッツェリアオリジナルのトッピングの柱となり、コンビネーションを支えている。気になる値段は、マルゲリータの8ユーロから、コストの高い原料を用いたピッツァの16ユーロまで。

Muhammed Ali: San Daniele raw ham, Burrata Bio, cherry tomatoes.

関連記事

No articles for now, come back later.

ピッツェリアへのコメントや更新情報は、こちらへ